会社に入ってから使った言語・OSたち

スポンサーリンク

昨日8/1(水)から、社会人生活5ヶ月目がスタートしました。

 

 

私はシステムエンジニアとしてIT企業に勤めているので、業務では主にプログラミングをしています。

 

 

今回は今までの4ヶ月を振り返って、私が会社に入ってから扱った言語をおさらいしようと思います。

 

4〜5月:Linux

 

言語をおさらいとか言いながらいきなりOSの話じゃねーか!!というツッコミが飛んできそうですが、許してください(笑)

 

 

4〜5月は研修期間だったので、同期全員一つの場所に集まってLinuxの勉強してました。

 

 

勉強の成果物として、LPIC(エルピック)というLinux技術者の資格の取得が目標として設定されてました。

f:id:tkhstol-929:20180802001343j:image

 

とはいえ、4月は新入社員定番のマナー研修やら名刺交換練習やらがあったので、LPICの勉強を始めたのは実質5月からです。

 

 

研修担当の先輩社員から「5月中に全員資格取ってね」と突然言われ、5月中勉強漬けの日々を送ったのも今となってはいい思い出です(笑)

 

 

6月序盤:Swift

5月で研修が終わり、6月からは現場で働き始めました。

 

 

現場に出て初めての仕事はSwiftを使ったiPhoneアプリの開発。

 

f:id:tkhstol-929:20180802001358p:image

 

学生時代にプログラミングを少しかじってた私ですが、Swiftは完全に初見だったのでゼロから勉強しました。

 

 

今まで勉強してきたJavaやCとはちがって、swiftはルールがガバガバでなんか違和感ありますね。

 

 

文末のセミコロンが不要だったり、ifのカッコが不要だったり(これはCでも同じだったような気が)、型推論だったり…。

 

 

この頃は自分はiPhoneアプリのエンジニアとしてこれから頑張っていこう!と思っていました👨‍💻

 

ちなみに、iPhoneアプリ開発は当然ながらMac OSを使わないと開発できません。

 

 

あれ、Linuxは…?

 

6月中盤〜7月:Java (android)

6月になって2週間ほど経ち、swiftのルールに慣れてきた頃。

 

上司からまさかの一言。

 

 

androidアプリの開発をお願い🙏🏻」

 

f:id:tkhstol-929:20180802001414p:image

 

えっ?

 

いや、昨日までiPhoneアプリの開発してましたけど…?

 

いきなりandroidに転向?

 

 

非エンジニアの方達からすれば、iPhoneandroidも同じだろと思うかもしれません。

 

 

しかし、開発側からすれば両者は全くの別物です。

 

 

swiftの学習で覚えた知識はandroidでは全く活かせません(笑)

 

 

しかし、不幸中の幸いとでも言いましょうか、

 

 

kotlinではなくJavaでの開発だったのがまだ救いでした。(kotlinは触ったことないがJavaは学生時代に使ったことがあった)

 

 

上司に言われたとおりに、ここから7月末まではandroidの開発をすることになります…。

 

8月:Java (JSP)

そして8月。

 

 

6月からずっと取り組んでいたandroidアプリの開発が一段落したところで、

 

 

上司からの一言。

 

 

「次の案件はJSPを使ったWEBアプリの開発を頼む。」

 

f:id:tkhstol-929:20180802001430p:image

 

 

おうふ。

 

ついにスマホアプリから離れてWEBアプリの案件に回されました。

 

 

6月頭にiPhoneアプリエンジニアとして頑張ろう!と決意してた私ですが、まさか2ヶ月後にWEBアプリをやっているとは思ってもみませんでした。

 

 

ただ、JSPも学生時代に使ってた経験があるので、まだ不幸中の(略)

 

 

雑感

月単位で扱う言語が入れ替わり立ち替わりするとは思いませんでした(笑)

 

 

しかし、色んな言語の開発経験を積むことができるので、そういう面では楽しいです。

 

 

ただ、どの言語も中途半端に詳しいが深いところまで勉強できてないのが問題点…。

 

 

ていうか、LPIC取った意味あった?

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村