バイトの年間所得を103万円以内に抑えたのに役所から税金を請求された話

スポンサーリンク

f:id:tkhstol-929:20180919082120j:image

103万の壁

アルバイトをしている学生・フリーターならば知っている話だと思います。

 

日本では、1年間のアルバイトの給与が103万円以上になると国に税金を払わないといけません。

 

なので、学生アルバイターまたはフリーターは年間給与所得の合計額が103万円超えないように意識して働く必要があります。

 

私も大学の頃にバイトをしていたときは、バイト先の店長とシフト相談しながら年間給与所得を102万円になるようギリギリまで抑えていました。

 

103万円以内に抑えたのに、市役所から納税通知書が来た!

前述の通り年間給与所得を102万円に抑えていたにもかかわらず、先日市役所から税金の納税通知書がきました!Why!?

 

あんなにシフト調整したのに!

 

何かの手違いだろうと思い、通知書の内容を読んでみました。

 

通知書には何やら私の去年の年間給与所得やら課税の計算方法やら振込方法やら色々あったのですが、

 

私は役所のこういう書類ってわかりにくくて嫌いなので、まーったく理解できません(笑)

 

これは直接聞きに行ったほうが速いと思い、市役所に相談に行きました。

 

市役所に相談に行った結果…

結論から言うと、私の知識不足であり、市役所の手違いではありませんでした(役所の方々疑ってごめんなさい!)

 

市役所の職員さんの話によると、次の通りだそうです。

 

年間給与所得が100万円を超えると市民税を課税される。

 

また、年間給与所得が103万円を超えると所得税を課税される。

 

 

つまり私の場合、年間給与所得が102万円なので所得税は課税されず市民税のみ課税されていることになります。

 

103万の壁の後ろに隠れて、実は100万の壁が存在していたのです。

 

ちなみに、この100万の壁は自治体によっては98万円の壁になったり96万円の壁になったりと自治体によって異なるそうです。

 

雑感

税金って、ムズカシイ。

 

あと市役所が平日しかやってないのどうにかしてほしい。せめて土曜日の午前だけとかでいいから開けてほしい。サラリーマンに優しくない。

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村