新米エンジニアがいち早く出世するために取るべき4つの資格

スポンサーリンク

 

         f:id:tkhstol-929:20181008230854p:plain

 

 

 

基本情報技術者試験

定番中の定番。国家資格。

 

情報系の専門学校生とかだと学生の間に取る人もいる。

 

ソフトウェア・ハードウェア・ネットワークなどのIT系の問題を始め、経営分野や法務分野など、出題範囲がかーなり広い。が、深掘りした問題はあまりなく、広く浅く出題されてるイメージ。

 

ITパスポートを取るくらいなら基本情報を取ったほうがいいと思っています。

 

大学時代、ITパスポートの試験前日に深酒した友人が二日酔い状態で受験したそうですが、それでも合格できたらしいです。

それくらい簡単。

 

応用情報技術者試験

基本情報の強化版。ITSSの中ボス的存在。

もちろんこいつも国家資格。

試験の雰囲気や出題範囲は基本情報と似ています。

 

ただし、

 

基本情報はすべて選択問題だったのに対し、応用情報はすべて記述問題なので試験難易度は応用情報のほうが上です。

 

デキる新人は1年目に基本情報を取ってそのままの勢いで2年目に応用情報を取る。

 

IT業界での実務経験があると比較的楽とのこと。というか実務経験が無いと不利と言ったほうが正しいかも(笑)

 

余談:応用情報は基本情報よりも簡単ってウワサ

じつは「応用情報は基本情報よりも簡単説」がネットではささやかれています。

 

nakameguro.jpn.org

 

応用情報では、基本情報のような2進数の計算(離散数学)やプログラミング言語の問題といった理系的要素が少ないそうです。

 

なので、文系出身のSEなら基本情報より応用情報を受けたほうが効率が良い、という考えです。

 

文系出身でIT業界に入ってきたなら、尚更そういう理系的な分野を勉強すべきだと思いますが、(笑)

 

資格手当目当てだったり単純に資格マニアなだけであればこういった戦略も一つの手段だとは思います。

 

Java 金銀銅

みんな大好きJavaの資格。

正式名称は"Java SE - Oracle Certified Java Programmer"

 

Bronze(銅), Silver(銀), Gold(金)の3段階に分かれています。

 

test04_fig02-a-640x680

(ひとつずつ説明しようかと思ったが公式HPにわかりやすすぎる画像があったので説明をサボることにしたのは内緒)

 

Brozeは完全未経験者用のかなり易しめなモノなので、少しでも経験があるならSileverから取るべき。Goldは新米には厳しめ…。

 

また、基本情報・応用情報は年二回しか開催していないが、Javaは試験センターでいつでも受けれるのがGOODなところ。

 

自分の好きなタイミングで受験申込して、試験センターで好きな時間に受けることができます。

 

TOEIC

英語読めるエンジニアってかっこよくないですか?

 

英語が読めると、StackOverFlowを翻訳無しで読めるし英語のドキュメントもスラスラ読めるし、

 

いいことばっかりです。 

 

また、基本情報・応用情報・Java金銀銅などの資格は非IT系の人に言っても中々理解されませんが、

 

TOEIC△△点です!は非IT人にも伝わるというメリットがあります。

(周りに認めてもらうと嬉しいですしね)

 

ちなみに私は以前このブログでTOEIC800点宣言をしてしまっているので、

基本情報の勉強と並行してTOEICの勉強もしています。

 

programmers-outputs.hatenablog.com

 

programmers-outputs.hatenablog.com

 

資格勉強のモチベーション維持

資格勉強のモチベーションが下がってきた時は、自分がなぜ資格を取りたいのかを考えてみるとモチベーションが上がりやすいと思います。

 

私の場合は以下の2つをモチベーションにしています。

転職のとき有利になる(かも)

私はいつかは今の会社を辞めて転職したいと思っています。

 

その時、資格をいっぱい持っていると履歴書に書ける資格が増えますし、

 

「△△の資格持ってます」の一言で自分の能力を客観的に相手に伝えることができます。

 

「私は前職では〇〇をしていて〜△△の技術が〜〜」といった面倒な説明を考える手間が省けます。(もちろん資格だけで判断はできないのである程度の自己PRは必要だと思います) 

給料が上がる

これは会社によると思いますが、

 

私の会社では資格を取ると資格手当という形で毎月の給料がUPします。

 

サラリーマンの給料は中々上がりにくいものなので、手っ取り早くかつ確実に給料上げるには資格手当を狙うほうがコスパ良いです。

(この辺りは会社によって違うと思います。出世・昇給が簡単にできそうな環境ならそっちを目指す方がいいです。)

 

私が資格を取る理由の8割位はこれですね(笑)

オカネダイジ。

 

雑感

資格を取る/取らないは人によって意見の分かれる問題だと思います。

 

でも、資格を取ることによって将来得をするかどうかはわかりませんが、損をすることはないですよね。

 

プラス or 0 にしかならないノーリスクなものならやるにこしたことはないので、今日も勉強に励みます!

 

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村