【最強台風】台風21号で私が受けた被害【停電数百万軒】

スポンサーリンク

2018年9月の台風21号でかなり大変な思いをしたので、忘れないように今の気持ちを書き留めました。半分日記みたいになってますが読んで頂けると嬉しいです。

(今回はIT技術とは全く関係ない話です笑)

 

追記:

今年の漢字が「災」に決定したそうですね。台風以外にも豪雨や地震など、2018年は本当に災害の多い年でしたね…。

 

ていうか、災って何年か前の今年の漢字にも選ばれてませんでしたっけ?気のせい?

 

 

 

最強台風21号が上陸

9月4日に"最強台風"こと台風21号が西日本を縦断した。私の住む地域はその影響をもろに受けた。

 

お昼過ぎくらい、私の家が台風の暴風域に入った時、窓から外を覗くとトタン屋根みたいなよくわからない板や、どこかの家のサンダル、木の枝などが風に飛ばされて空を舞っていた。

 

これはやばいなあ…と思いながらカーテンを閉じた時、家の中が停電した。

 

台風が通り過ぎた後も続く停電

台風は夕方過ぎくらいにはもう私の住む地域を通り過ぎていた。雨も風もすぐ弱まった。

 

しかし、停電はずっと続いた。

 

すぐに復旧するだろうと思ってタカをくくっていたが、停電発生から2時間近く経っても復旧する気配は無かった。

 

このまま夜になるとまずいと思って、明るいうちにホームセンターへ行って電気ランタンを探しに行った。

 

ホームセンターへは家から車で15分くらいの距離だが、着くまでに通った信号は全て電気がついてなかった。

f:id:tkhstol-929:20180905124117j:image

 

なんなら、ホームセンター自体も停電で閉店していた。

 

(結局、家から遠いところにある別のホームセンターで電気ランタンは購入した)

 

夜になっても停電は続いた。

 

買ってきた電気ランタンで部屋を照らしながら薄暗い部屋で飯を食い、水しか出ない風呂に入り(幸い断水は無かった)、クーラーも扇風機もない暑い部屋で寝た。

 

翌朝起きて、そろそろ復旧してるかなぁと思って電気のスイッチを押してみたがやっぱりつかなかった。

 

翌日夜になり復旧。電気は大事。

結局私の家の停電は、台風が去った翌日の夜まで復旧しなかった。

 

今回の台風で、普段自分たちがどれだけ電気に依存した生活をしているかを思い知らされた。

 

電気が無いと生活に困るのはわかりきっていることだが、実際に経験してみるとそれは想像の何倍以上も不便だった。

 

電気はつかない、冷蔵庫の食材はダメになる、料理はできない、テレビは見れない、スマホの充電もできない、WiFi等のネットワークも繋がらない、、、

 

たった1日電気が無くなっただけでもこれだけの不便を経験した。

f:id:tkhstol-929:20180905162829j:image

(電気ランタン3つの薄暗い部屋でのご飯)

 

もちろん他の地域では断水やガス止め、あるいは火災や家の破損など私よりもひどい状況の方々はたくさんいるだろう。

停電ひとつで済んだだけマシなのかもしれない。

 

台風は、怖い

今まで台風なんて、

「暴風警報出た!学校休みやばんざーい!!」

「電車止まったし会社行かれへんな。上司に連絡して休もう。」

ぐらいの意識しかなかったが(笑)、

 

今回の台風でその考えは消し飛んだ。

 

自然災害の恐ろしさを身を以て経験したし、電気のありがたみを痛感した。

 

今回の台風で被害に遭われた地域がはやく復興することを願います。

また、今回被害に遭わなかった地域の方々も、この記事を読んで防災意識が少しでも上がってくれると嬉しいです。

 

追記:2018年の今年の漢字が「災」に決定

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村