ASP会社のITP2.0対応状況

スポンサーリンク

Appleの打ち出したITP2.0によりCookieの即時廃棄機能が追加されたため、アクセス追跡が難しくなり、その結果ASPによるアフィリエイト収益が減少する可能性が出てきました。

 

本記事執筆時点(2018年9月19日時点)での主要ASP各社の対応状況をまとめました。

ITP2.0についてはコチラ↓↓

www.sirloin-nagurigaki.net

 

ITP2.0に対応済み(例外あり) 

ITP2.0に対応しているASP一覧です。

しかしバリューコマースのような一部例外もあるので気をつけてください。

A8.net

国内最大手ASPであるA8.netは使っている人も多いのではないでしょうか。

A8.net公式のスタッフブログによると「ITP対応マーク」のついた案件はITP2.0に対応しています。

www.a8.net

とはいえ全ての案件が対応しているわけではないようです。

今後案件を探す際はITP対応マークがついているかどうかをチェックする必要がありますね。

 

バリューコマース(例外あり)

EC系や大型案件の多い老舗ASPバリューコマースでは、広告検索の際に「ITP対応済み」のチェックボックスにチェックを入れることで、ITP対応案件のみを探すことができます。

しかし、iOS12ベータ版(開発者向けのお試しバージョン)での検証しか行っておらず、9月18日にリリースされたiOS12本番環境での検証はまだとのことです。

なので、本番環境での検証が終わるまではしばらく様子を見たほうが良いかもしれません。

 

ITP2.0に未対応

ITP2.0に対応していないASPはコチラです。

いずれ対応してくれるとは思いますが。

afb(アフィビー)

afbからは特にITP2.0対応に関する情報は公開されていません。現在対応中なのでしょうか。

もしもアフィリエイト

こちらもITP2.0に関する情報はありませんでした。もしもアフィリエイトは割と大きなASP会社なので何かしら手を打ってくるとは思いますが。。。

 

雑感

大手ASP会社から順に対応していってる印象。

Apple vs ASP業界」の小競り合いはまだまだ続きそうですね。

 

あわせて読みたい

今回のような仕様変更に振り回されることなく、安定して稼いでいくためにはどうすべきかを書いてます↓↓

www.sirloin-nagurigaki.net

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村