ブログに技術記事を書くメリット

スポンサーリンク

 

 

技術記事はPV数が伸びない

どうも、サーロインです。

 

私はよく技術系の記事をよくブログに書きます。

例えばこんなやーつ↓↓

www.sirloin-nagurigaki.net

www.sirloin-nagurigaki.net

www.sirloin-nagurigaki.net

 

中身を見てもらうとわかると思いますが、プログラムのソースコードが書いてあって、内容もマニアックで、たぶん非プログラマの読者さんからしたらわけわかんない記事だと思います。

 

私の経験上、PV数も他のカテゴリと比べたら低いです(笑)

(有名な方の技術記事だとPVも多いと思いますが、、、)

 

技術記事を書く理由

PV数が伸びないのに、なぜ技術記事を書くのか。

 

理由は2つあって、1つは後から自分が見返すことができるからですね。

 

いわゆる備忘録というやつです。

 

仕事でコードを書いてるとき「あれこれってどうやるんだっけ?前もやった覚えあるけど覚えてないなー」ってときに、

 

自分のブログを見返すことで、すぐに思い出すことができます。

 

2つ目の理由は、自分と同じことで困っている人の助けになる(かもしれない)からです。

 

私もよくエラーメッセージでググって、個人ブログに載っている方法を試してエラーが解決したり、ライブラリの使い方を知ったりしています。

 

特に、関数やAPIの使い方などは、公式のリファレンスを読んでも完全にわからないことが多く、個人ブログなどで噛み砕いて説明されているのを読むほうが理解しやすいときがあるんですよね。

 

技術記事を書くメリット

ここで技術記事を書くメリットをざっと考えてみました。

 

文章にすることで自分の考えを頭の中で整理できる

自分の知識を文に起こしてアウトプットするためには、一度頭の中を整理する必要があります。

 

頭の中を整理することって、こうやってブログを書くなどの機会がないと意識的にしないことだと思います。

 


自分が本当に理解できているかがハッキリわかる

自分がその技術のことを本当に理解できていないと、文章にすることはできません。

 

わかったつもりでいたけどいざ文に起こしてみると実はわからないことがあったと気付くことができます。


他の人からアドバイスを貰える

自分が公開した記事に対して

 

「ここはこうしたほうがもっと短く書けるよ」

「この部分間違ってますよ」

 

といったアドバイスを貰うことができます。

間違いを指摘されるのは恥ずかしいですが(笑)

 

技術記事を書くデメリット

メリットがあればもちろんデメリットもあります。

余談ですが、英語では"There are pros and cons"で「賛否両論ある・良い点と悪い点がある」というそうですね。

 

誹謗中傷のリスクがあることを知っておくする

心無い人が自分を誹謗中傷してくることももちろんあり得ます。

記事の内容によっては炎上することだってあります。

 

幸い私はそのような経験無く今までブログを続けることができていますが、この点は常に注意すべきことだと思います。

 

見てもらえないときの辛さに耐えるメンタルが必要

冒頭で技術記事はPV数が伸びないと言ったように、PVが少なくてもめげないメンタルが必要だと思います(笑)

 

私はPVが少なくても「自分用の備忘録だしいいや」と割り切ることにしています(笑)

 

まとめ

技術記事は自分の備忘録になるし、人の助けになることもある。

文に起こすことであやふやな部分をなくすこともできる。

しかし誹謗中傷のリスクや、PVが少ない点に注意しないといけない。

 

以上、読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村