TOEIC新傾向の変更点(メモ)

スポンサーリンク

TOEIC新傾向は、旧傾向となにが変わったのか。

 

自分用のメモとしてブログに書いておこうと思います。

 

Listening

まずはリスニングセクション

Part1(写真問題)

10問 → 6問 に減少

TOEICの中で恐らく一番簡単なところ。

簡単すぎるので減らされました。

 

Part2(応答問題)

30問 → 25問 に減少

ここもそんな難しい問題が出るところではなかったのでわりと得点源だったのですが、減らされちゃいました。

Part3(会話問題)

30問 → 39問 に増加

2人での会話形式の問題でしたが、新傾向からは3人会話もあるという話。

設問に個人名を問う問題もあるらしく、人の名前まできちんと聞き取らないといけない。

 

Part4(説明文問題)

変化なし。30問のまま。

 

Reading

次にリーディング。

正味ここの変更がツライ。長文増えすぎだろ。

 

Part5(文法)

40問 → 30問 に減少

またしても得点源であるカモ問題がカット。

まあ全部読まなくても解ける問題多いし、減らしたい気持ちはわかる。

 

Part6(長文穴埋め)

12問 → 16問 に増加

(3問 ✕ 4セット →  4問 ✕ 4セット)

穴抜き箇所が増えました。

 

Part7 (長文読解)

48問 → 54問 に増加

この変更が一番ツライ。

ただでさえ時間の足りないPartなのに、なんで問題数増やした?

ここを時間内に解ききってる奴なんて上位数%だろ。

 

しかも、3つの文書からなる問題が増えたらしく、さーらに時間がかかりそう。

 

雑感

TOEIC作成者的には、部分読みで解ける問題を減らして長文読解などの文章全体を理解しないと解けない問題を増加したみたいな意図を感じました。

 

よりその人の英語力を正確に測るためでしょうかね。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村