TOEICを受けてきた感想(4年ぶり2回目)

スポンサーリンク

どうも、サーロインです。

 

今日、TOEICを受けてきました。(第236回分、2018年12月開催)

 

 

今回でTOEICを受けるのは二回目で、前回は大学生のときに受けました(4年前)

 

 

TOEICってちょうど2年前くらい?に問題傾向が少し変更されたんですよね。

簡単なPartの問題が減ったり、リスニングに三人での会話が登場したり、長文の数が増えたりと、、、

 

旧傾向に比べて全体的に難易度が上がりました。

www.sirloin-nagurigaki.net

 

 

新傾向に対応するために、ここ2ヶ月位テキストを使ってせっせと勉強していました。

 

 

以下、各セクションごとに感想を書きます。

 

Listening

聞き取れなかったと感じた問題は各Partで数問ありましたが、8〜9割の問題は自信を持って選択肢を選べたと思います。

 

6月くらいから毎日通勤電車でリスニング対策の音声を聞いていた甲斐がありました。

www.sirloin-nagurigaki.net

 

↑の記事にも書いてますが、TOEIC公式がリリースしているEnglishUpdaterっていうアプリがリスニング対策にオススメです。

 

前回受験時はListeningが370点だったので、今回は400点超えてくれるとうれしいなあ。。。

 

Reading

正直言って、ぜーんぜん時間が足りませんでした(笑)

 

「900点とるような人でも時間内に解ききることは難しい」という話をきいたことがあったので、そんなに気にしていなかったとはいえ、

 

 

今日の試験でReading100問中20問近くは問題文を読むこと自体できませんでしたね。

 

 

家で公式問題集をやったときは10問くらい残るパターンが多かったのですが、なんか本番では1個1個の長文の読解に時間をかけすぎてしまったせいか、いつも以上に残ってしまいました。

 

 

さすがにやばいです。

 

ていうかそもそも、

 

問題数多すぎだろと。

 

54問分の長文を75分で読みきれるわけなかろうと。

 

 

一応800点を目指して勉強してたんですが、今日の感じだとまあ無理っぽいです。

 

www.sirloin-nagurigaki.net

 

800とれてなかったらもっかい受けないとですね。

 

今回のスコア結果は1月くらいにわかると思うので、その時に再度申し込めば3月には受けれるかな。

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村