全プログラマーへ警告!「regist」なんて単語は無い!

スポンサーリンク

どうも、サーロインです。

 

 

プログラマーの皆さん、

 

コーディングでメソッドや変数に名前をつけるとき、registという単語を使ってはいませんか?

 

 

たとえば、新規ユーザー情報を登録するメソッドがあったとして、そのメソッド名を

 

function registNewUser(hoge) 

 

なんてしてませんか?

 

している、したことがある、見たことがある、と思った方はいますぐ改名しましょう。

 

 

なぜなら、registという英単語は存在しないからです。 

正しくは、registerです。

 

✕regist ◯register

 

weblio 英和辞典で調べた結果がこちら↓↓ 

ejje.weblio.jp

 

語尾にerがついてるので名詞かと思いがちですが、こいつは「登録する」という意味を持った動詞です。私も最近まで、regist動詞register名詞だと勘違いしてました(汗)

 

ちなみに、名詞形はregistrationです。

 

registを用いてるのは日本人だけだそうです。

英語圏の人たちはきちんとregisterを使っています。

 

変数、メソッド、クラス名などにregistが含まれていたらすぐに改名したほうがいいです。ていうかしましょう。

 

register以外にも、語尾がerの動詞はいくつか存在します。

 

語尾がerで終わる動詞の例

encounter:遭遇する、出会う(エンカウントと混同しがち)

scatter:ばらまく

 render:~にする、描画する など

whisper:ささやく

 

プログラマーはコーディング中に英語を使うことが多いので、こういった点は気をつけないといけませんね。勉強になりました。

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村