TOEIC700点超えしたときの勉強法

スポンサーリンク

どうも、サーロインです。

 

先日TOEICを受けた結果、740点というそこそこ高めの点数を取ることができました。

 

受験時の感想や問題の感触などは別記事で書いてますので、これはこれで読んでいただけると喜びます。

www.sirloin-nagurigaki.net

 

本記事では、700点以上を取るためにやった勉強法をシェアしようと思っています。

 

これからTOEICを受けようとしている方々、また将来自分がもう一度TOEIC受けようと思った時に見返す用のために本記事が役立ってくれるはずです。

 

 

リスニング

私がリスニング対策に使ったものは大きく分けて2つです。

 

1つ目はPodcast

 

Podcast

 

おそらくiPhone限定です。Androidの方は使えません。

 

Podcastとはインターネットラジオみたいなものです。

無料で様々な番組を聴くことができます。

 

PodcastにはTOEIC対策に適した番組が多くあるのですが、私はその中でも「6 minutes English from BBC」という番組をよく聴いていました。

 

 

 

2つ目はTOEIC公式がリリースしている「English Updater」というアプリ。

EnglishUpdater

 

「2分程度の短い音声+設問3問+解説」のセットが何十個も収録されている神アプリです。

 

TOEIC公式が作成した問題という安心感もあります。

 

 

ただし、どちらもわりとしゃべるスピードが早いので、最初は戸惑うと思います。

スコアが300〜400点台の方が使うと早すぎてわけわからなくなると思うので、最初は自分に合ったスピードの音声で慣れてから使うとよいかもしれません。

 

スコアが500〜600点台の方は、最初は少し早く感じるかもしれませんが、聴いていくうちに慣れてくると思います。(私はそうでした)

 

 

私の場合は、受験する6ヶ月前から毎朝の通勤時間を利用して、電車の中でイヤホンで毎日欠かさず聴いていました。

 

おかげで、試験本番ではリスニングで420点を取ることができました。

 

リーディング

リーディングは基本的に公式問題集をひたすら解いていました。

試験本番までに2冊やりました。

 

あとは、文法用に「文法問題1000本ノック」みたいなテキストを買って、毎日1時間とってちまちま勧めていました。(試験までに200問くらいしかできませんでしたが)

 

ぶっちゃけた話、リーディング対策は1ヶ月前から取り組んだので、あまりやれていません。

 

時間をかけなかった分、点数の方も320点と、リスニングよりも低めの点数になってしまいました。

 

雑感

もっとリーディングに時間をかければよかったなと後悔。

 

目標点数800点だったので、くやちい。

 

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村