賃貸ショップに聞いた敷金・礼金が0円でも大丈夫なワケ

スポンサーリンク

どうも、サーロインです。

 

最近、部屋探しをしておりまして、その時によく見るのが「敷金・礼金0円」の物件。

 

なぜ0円にできるのか前から疑問だったのですが、先日行った賃貸ショップの店員さんが詳しく教えてくれたので、忘れないようブログにメモっとこうと思います。

 

 

そもそも敷金・礼金とは

まず、敷金・礼金の意味をおさらい。

 

・敷金:家を借りる時に大家さんに預けるお金。原則、退去時に全額戻ってくる。
 
・礼金:家を借りる時に大家さんに払うお金。退去時に返ってこない。

 

 

敷金は預り金

なので、借りた部屋を退去するときには手元に返ってきます。後述しますが、家賃滞納があると敷金は一部金しか返ってきません。

 

礼金は大家さんに支払うお金 

部屋を貸してくれるお礼に支払うお金ですね。なので、退去時どころか永遠に返ってくることはありません。

 

家賃が払えない時は敷金から立て替える

長く暮らしている中で、どうしても家賃を払うことができない状況に陥り、家賃滞納してしまったとします。するとそのとき払えなかった分の家賃は預り金である敷金から支払うことになります。

 

家賃が払えない場合、敷金から家賃を支払う

 

敷金は家賃が払えない時のための最終手段です。

大家さんからすれば、敷金を多くとったほうが万が一借り主が滞納した際の保険になるので、昔は敷金が40〜60万円近くに設定されている物件もあったそうです。

 

敷金は退去時に自分に返ってくるお金なので、家賃滞納を繰り返すとその分返ってくる金額は減っていきます。

退去時に満額の敷金を返してもらうためにも、家賃滞納は避けたいものです。

 

最近は昔と違って保証会社が立て替えてくれる

家賃滞納の際の大事なお金である敷金ですが、敷金0円の物件は滞納の際にどうしているのでしょうか。

 

その答えは、敷金の代わりに保証会社というところが代わりに払ってくれます。

 

保証会社とは、大家さんと借主の間に入り、家賃が払えないときに一時的に代わりに家賃を払ってくれる所です。いわば、家賃を立て替えてくれるのです。

 

敷金の代わりに保証会社が立て替えてくれる




 

図のように、保証会社は立て替えた分の金額を借り主に請求します。

 

こうして保証会社が家賃滞納の際に大家さんにお金を立て替えてくれるので、大家さんからすれば敷金を用意しておく必要がなくなるわけです。

 

まとめ
  • 敷金は大家さんに預けるお金。礼金は大家さんにお礼として支払うお金。
  • 家賃滞納をしてしまったとき、昔は敷金から家賃が支払われていた 
  • 現在は保証会社が立て替えてくれるので、敷金は必要ない。
    ↑これが敷金0円の理由!

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村